FC2ブログ
2014. 12. 19  
使徒信条を学んでいます。「我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。」

昨日から「我らの主」について考えています。

思い出した御言葉は、ヨハネ10:16です。

「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。」

ここで言われているのは、今はまだ信仰共同体に属していないけど、いつか加えられる人の存在です。

イエス様は、彼らも含めた「一つの群れ」のための羊飼いであります。

私たちが、「我らの主」という時の「我ら」の中には、そんなまだ見ぬ「ほかの羊」も入っていることを覚えましょう。

彼らが早く、「我らの主」のもとに帰りつくことができますようにと祈りつつ・・。


共に祈りましょう。

我らの主よ。羊のために命を捨てる、まことの羊飼いよ。今日もあなたに属する「我ら」の一人一人を、よき牧場へと導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年12月23日 Ⅱテモテ3:1-4
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR