FC2ブログ
2014. 12. 24  
昨晩のキャンドルサービスの御言葉をお分かちいたします。

「いと高きところには栄光、神にあれ。地には平和、御心にかなう人にあれ。(ルカ2:14)」

この「平和」という言葉は、ギリシア語でエイレーネーといいます。

その語源的な意味をたどれば、「話し合いができる」という意味だと言われます。

そういう意味で、このエイレーネーという言葉は、かつては「おだやか」とも訳されました。

「御心にかなう人」とは、神様のお眼鏡にかなった合格者のことではなく、「神のご好意にあずかる者たち」のことです。

それは、私たち全員です。私たちはみな、神の一方的なご好意にあずかって、「平和の君」であるキリストをいただいたのです。

今、人間の心がだんだん荒んでいっています。魂がやせ細っていっています。

中でも最も深刻なことは、一人一人が、あるいはグループごとに、国ごとに、自分の殻に閉じこもって孤立し、「話し合うことのできない」状態になってしまっていることです。

一方的で乱暴な言葉や行動がぶつけられ、それに対する言葉や行動も乱暴になっていきます。

そのようにして、平和は失われていきます。

しかし神は、私たちに、キリストの「平和」を下さろうとしています。

話し合うことのできなくなってしまった私たちに、話し合うことのできるおだやかさを与えてくださいます。


共に祈りましょう。

主よ、このとげに満ちて、冷え切ってしまった時代に、あなたのやわらぎとおだやかさを与えてください。話し合うことのできなくなってしまった私たちに、話し合うことのできるおだやかさを与えてください。キリストの十字架の血によって、私たちの罪をきよめて、新しい人間を創造してください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年12月25日 ローマ6:23
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR