FC2ブログ
2014. 12. 31  
2014年も最後の一日となりました。今年を振り返る中で、私の心に真っ先に浮かんだ言葉は、これでした。

「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。(ローマ5:3-4)」

神との平和をしっかり確立している者は、苦難の中でも喜びに満ちます。

「苦難」は私たちに、神の恵みを信じて待ち望む「忍耐」を教え、「練達=練られた品性」へと導いてくれます。

「練達=練られた品性」、それは、いかなる苦難にも動じない不動の心ということとは、ちょっと違います。

人生には憂いは多い、しかし、それもまた人生・・と、悟りきった苦労人ということとも違います。

「練られる」とは、不純物がないということです。

心の中の不純物がどんどん取り除かれて、いよいよ神との関係において研ぎ澄まされていくことです。

喜びが与えられれば、鋭く驚き、感謝し、悲しみの時には、はげしく泣き、神にたずね求め・・、自分を神に託すことにおいて、いよいよ無邪気になっていく・・・、そんな感動的な人です。

竹森満佐一という牧師はこう言いました。

「練達の人とは、傷つきやすい柔らかい心の持ち主でありましょう。ただ、その流す涙を人間に向けないで、神に向け、神にぬぐってもらうことを知っている人であります。それならば、いつも神に希望をつないでいる人であるといえましょう。」

皆さんの、2014年は、どんな年であったでしょうか。


共に祈りましょう。

すべてを知り、すべてを導き、すべてを益としてくださる、生けるまことの神よ。この2014年に示されたあなたの恵みの数々に目を開かせてくださって、今日の日を、感謝と賛美に満ちた一日としてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年1月1日 ローマ5:5
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR