FC2ブログ
2015. 01. 03  
昨日は、お休みをいただいて、子どもたちとたくさん遊ぶことができました。

お出かけの帰り道、強烈な渋滞がありました。利根川を渡るための橋に、車が集中し、ほんの1キロほどに1時間もかかってしまいました。

私は忍耐力に乏しく、渋滞が大の苦手です。とてもイライラしてしまいました。

今朝になって、そんな自分を反省しています。

キリストの道を歩む私たちの人生にも、「渋滞」はあるのです。いや、「渋滞」ばかりかもしれない。

やることなすことうまくいかなくて、祈りが聞かれなくて・・・。

一人一人の生活にも、伝道と教会形成の営みにも、そんな渋滞があります。

でも、どんな時も、神が生きておられるという事実は、変わりません。

そして、どんな渋滞も、その向こうに、必ず永遠の命というゴールがあります。

だから、こう言うことができるはずです。

「なぜうなだれるのか、わたしの魂よ/なぜ呻くのか。神を待ち望め。わたしはなお、告白しよう/「御顔こそ、わたしの救い」と。(詩篇42:6)」


共に祈りましょう。

主よ、今人生に苦悩しているすべての方々に、また伝道に苦しむ私たちの教会に、おだやかな平安をお与えください。その渋滞を解消してください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年1月6日 使徒言行録18:9-10
NEW Topics
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
2020年7月1日 してはならないこと
2020年6月28日 役に立たない
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR