FC2ブログ
2015. 01. 09  
「この町にはわたしの民が大勢いる」、だから「恐れるな。語り続けよ」と、イエス様はパウロを励ましてくださいました。

勝田台の町にも、まだ私たちが出会っていない神の民が大勢いると、私は確信しています。

その方はまだ主イエスのことを知らなくても、主はすでに、その方のことを知っておられます。

そして主は、そういうお一人お一人に、私たちの思いを超えた不思議な導きを与えてくださって、いつか必ず信仰を与えられます。

とはいえ、何もしなくてぼんやり待っていればいいわけではありません。

私たちに与えられた「福音伝道」の使命を忠実に果たすことです。


思い出すのは、イザヤ55:8-11の御言葉です。

「・・・天が地を高く超えているように、わたしの道は、あなたの道を、わたしの思いは、あなたたちの思いを、高く超えている。

雨も雪も、ひとたび天から降ればむなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ・・・

そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も、むなしくは、わたしのもとに戻らない。

それはわたしの望むことを成し遂げ、わたしが与えた使命を必ず果たす。」

罪からの解放を伝える主の救いの「言葉」が、しっかり語られ続けるなら、それは決してむなしいままで終わることはないのです。


共に祈りましょう。

主よ、天地の創造される前から、あなたは私たちを選んでいてくださって、不思議な導きによってあなたに出会わせてくださいましたから、本当に感謝します。今日もまた、新たな兄弟姉妹との出会いが与えられますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年1月10日 使徒言行録1:8
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR