FC2ブログ
2015. 01. 17  
「我は、その独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。」

「キリスト」というのは、イエス様の名字ではなくて、職務です。

アラム語「メシア」を、ギリシャ語にしたもので、意味は「油注がれた方」です。

明日の礼拝説教の予習にもなりますが、マタイ16:16で、ペトロが「あなたはメシア、生ける神の子です」と言いますが、そのようにして「あなたこそがメシア(=キリスト)であると信じます」というのがキリスト教信仰です。


そして、イエス様が「キリスト=油注がれた方」であるということは、この方こそ、「まことの王・預言者・祭司」であるということです。

かつて旧約時代、「王・預言者・祭司」という重要な職務に召された者が、聖別されたことの象徴として、美しいオリーブ油を頭上から注がれました。

例えば、サムエル記下5:3に、ダビデが油注がれて王となったという記録があります。

イエス様の時代には、すでに王家は絶え、預言者は400年現れず、祭司たちは腐敗してしまっていました。

だからこそ人々は、「王・預言者・祭司」の職務を一身に引き受ける、前代未聞の偉大な「救い主=キリスト」が、いつか到来されることを待望したのです。


共に祈りましょう。

私たちにキリストを与えてくださった神よ、今週も、今日までの恵みの導きを感謝します。キリスト到来の喜びをいよいよ増し加え、礼拝への備えをなさせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年1月20日 マタイ16:13-17
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR