FC2ブログ
2012. 11. 20  
すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。(Ⅱコリント5:19-20 新改訳)

今週は、「伝道」について深めていきましょう。今日の御言葉からは、教えられることがたくさんあります。

私たちは、和解の申し込みを伝えよと、隣人のもとへ神から遣わされていく「使節=全権大使」です。

この和解の申し込みは、被害者である神から、極刑に値する加害者である人間に対してなされる、ありえない申し込みです。

しかも加害者のほうは、和解の必要を自覚することなく悪に悪を重ねていきます。

でも神は、その加害者たちとの和解を望まれ、わたしたちを通して平身低頭に「懇願される」のです。

どうしてもあなたたちに滅んでほしくないのです。私のもとに戻ってきてほしいのです。神のかたちに創造された人間の本当の健やかな姿を回復してほしいのです。

そういう神の思いを代表する「使節」として、私たちも今日出会う隣人お一人お一人に、「お願い」の心をもってキリストの福音を伝えていきたいものです。


共に祈りましょう。

神よ、いと高きあなたが、キリストにあって驚くほどの低きに下られ、私たちの救いを成し遂げてくださいました。本当にかたじけなく思います。私たちもまた、愛する者の救いのために、精一杯仕えることができますように、聖霊の助けを与えてください。




スポンサーサイト



NEXT Entry
2012年11月21日 Ⅱペトロ3:8-9
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR