FC2ブログ
2015. 01. 22  
使徒信条の学びを再開します。「我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。」

イエス様が「キリスト」であるということは、「まことの王・預言者・祭司」であるということだと学びました。

今日は「まことの王」であるということを覚えましょう。

ゼカリヤ9:9に、こういう預言があります。

「娘シオンよ、大いに踊れ。娘エルサレムよ、歓呼の声をあげよ。見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者/高ぶることなく、ろばに乗って来る/雌ろばの子であるろばに乗って。」

この預言が、イエス様のエルサレム入城の際に成就しました(マタイ21:1-11)。

イエスという王様は、ご自分の言葉と霊によって私たちを支配される「王」ですが、決して高ぶる暴君ではありません。

雌ロバの子に乗ってこられるやさしいお方であり、柔和で謙遜なお方です。

この方は、裸の王様のように偉そうにはしません。する必要がないからです。人から弱いとなめられても、何も気にしません。

徹底的に神を信頼し、神とひとつであることで満たされておられるからです。

そういう王様に支配していただくなら、私たちもまた、魂が砕かれていくという幸いにあずかるでしょう。


共に祈りましょう。

まことの王なるイエス・キリストよ、今日も私たちの歩みを力強く導いてください。そして、私のすべてをあなたがご支配くださって、神の御心に一致することができるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年1月22日 ヨハネ15:15
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR