FC2ブログ
2015. 02. 24  
今週は、使徒信条の「三日目に死人のうちよりよみがえり」に深まっていきます。

イエス・キリストの「死者の中からのよみがえり=復活」は、キリスト教の信仰にとって「最も大切なこと」であると、先週確認しました。

そうであればこそ、この「復活」が事実であったのかどうかが問題になります。

多くの目撃証言があるにもかかわらず、そんなことはありえないと考え、でっちあげだということにしてしまいたいのは、現代人も古代人も同じです。

マタイ28:11からには、ユダヤ教の指導者たちが、ワイロによって嘘の証言をさせていたことも記録されています。「弟子たちが夜中にやってきて、我々の寝ている間に死体を盗んでいった」と言いなさい、と。

確かにイエス様の復活は、科学的には証明できないかもしれません。

しかし、科学で証明できるから「信じる」というのであれば、それは聖書が教えている「信仰」ということとは、ちょっと違ってきてしまいます。

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。(ヘブライ11:1)」という御言葉も、改めてよく考えてみましょう。


共に祈りましょう。

主よ、2000年のあいだ教会が大切に証言しつづけてきた、復活の信仰を、その大いなる値打ちを、私たちもまた十分に悟ることができますように。今日の一日、この信仰に満たしてくださって、尽きせぬ命と力を得させてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年2月25日 ルカ24:46
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR