FC2ブログ
2015. 02. 28  
今週は、使徒信条の「三日目に死人のうちよりよみがえり」に深まりました。

イエス様が復活されたように、私たちもまた復活すると、聖書は約束してくれています。

そのとき、「どんなふうに復活するのか。どんな体で来るのか」と、心配になる方がいるでしょう(Ⅰコリント15:35)

日本のように火葬してしまって大丈夫という、素朴な疑問もあるでしょう。

復活の時には、まるでゾンビのように、私たちの罪に満ちた魂と、卑しい肉体のままで蘇生するわけではありません。

そうではなく、まったく別次元の、イエス様が弟子たちに現れた時と同じような、栄光の体をいただくのです。

「死者の復活もこれと同じです。蒔かれるときは朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときには弱いものでも、力強いものに復活するのです。

つまり、自然の命の体が蒔かれて、霊の体が復活するのです。自然の命の体があるのですから、霊の体もあるわけです。(Ⅰコリント15:42-44)」


共に祈りましょう。

主よ、病に苦しむこの弱い体が、罪を犯し続けるこの汚れた体が、輝かしいものに復活させていただける日を、希望をもって待ち望みます。この復活の信仰の喜びを、私たちのうちに増し加えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年3月3日 ガラテヤ3:26-28
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR