FC2ブログ
2015. 03. 06  
使徒信条「天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり」

神の右に座すとは、古代オリエントの宮廷のイメージに由来する表現です。

宰相が王の右に座し、王に等しい権威を行使したように、御子も御父の右に座し、神に等しい権威を行使されます。

そして、その神の右の座で、イエス様がしてくださることの一つは、私たちのための「とりなし」ということです。

「だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成していてくださるのです。(ローマ8:34)」

「たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。(Ⅰヨハネ2:1)」

「それでまた、この方は常に生きていて、人々のためにとりなしておられるので、ご自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。(ヘブライ7:25)」


今日も、私たちはたくさんの間違いを犯します。いや、この罪人の存在そのものが、間違いであります。

でも、この間違いだらけの私を、「赦してやってください」と父にとりなしてくださっている方がおられることを、よく意識して、今日の一日を生きてみましょう。


共に祈りましょう。

大いなる父よ、イエス様のとりなしゆえに、今日も私たちを赦し、生かし、愛してください。そして私たちが、少しでも正しく歩むことができますように、どうか聖霊によって聖化してください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年3月7日 イザヤ25:7-8
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR