FC2ブログ
2015. 03. 12  
使徒信条「天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり」を続けます。

イエス様は、十字架の死という低さの極みから、復活させられ、高さの極みである神の右の座へと上げられました。

そこから、御父と御子の霊である聖霊を注いでくださり、その「絶大な」力をもって、教会を動かしておられます。

「わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。

神は、このキリストを死者の中から復活させ、天においてご自分の右の座に着かせ、すべての支配、権威、勢力、主権の上に置き、今の世ばかりでなく、来るべき世にも唱えられるあらゆる名の上に置かれました。

神はまた、すべてのものをキリストの足もとに従わせ、キリストをすべてのものの上にある頭として教会にお与えになりました。

教会はキリストの体であり、すべてにおいてすべてを満たしている方の満ちておられる場です。(エフェソ1:19-23)」


信仰生活を、個人的な小さなものにしてしまわないで、この圧倒的なスケール感を覚えていただきたいと思います。

原始教会の信徒たちは、現実には吹けば飛ぶような小さな群れに過ぎなかったのに、このスケール感で、「教会」というものをとらえ、勇気を得たのです。


共に祈りましょう。

あらゆる者の上に立つ『王の王』、すべてにおいてすべてを満たしておられる主イエスよ、今日もあなたの手足として「教会」を自在に動かし、ご自身の栄光をあらわしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年3月13日 コロサイ3:1-4
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR