FC2ブログ
2015. 03. 28  
昨日は、埼玉のK.A姉を訪問させていただきました。新しい土地にもすっかり慣れ、平安なご様子をうかがい感謝しました。

礼拝に通うことはできませんが、この御言葉メールを通して、毎日神様と対話しておられるとのことで、この小さな奉仕を続けていて良かったなと思います。

残念ながら、来週は、のぞみセンターでの奉仕とその準備のため、一週間配信をお休みさせていただきます。

しかし、来週は受難週。イエス様の十字架の苦しみを覚え、復活の希望を待ち望む大切な時です。

どうぞそれぞれに、例えば、ルカ福音書の22:31から最後までを読んでみるなどして、お過ごしください。

十字架のキリストの血がしたたり落ちる、そのイメージをもって祈ってください。


今、私たち改革派教会にゆかりの深い、メイチェンという神学者について少し調べていますが、彼は真理のために戦って、肺炎で55歳の生涯を閉じます。

その臨終の床から送られた、最後の電報にはこうありました。

「キリストの積極的服従を本当に感謝しています。それがなければ何の望みもありません。」

積極的服従とは、イエス様が私たちの代わりに、神の御心にかなう愛の業をまっとうしてくださったことです。

その愛の業の頂点は、十字架の犠牲です。

Ⅰペトロ2:18-25をお読みください。「・・キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。『この方は罪を犯したことがなく、その口には偽りがなかった。』・・・。」


共に祈りましょう。

主よ、私たちのためのキリストの十字架を本当に感謝しています。それがなければ何の望みもありません。私たちの内に、この望みをいよいよ確かにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年4月7日 Ⅰコリント3:16
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR