FC2ブログ
2015. 04. 09  
使徒信条「聖徒の交わりを信じる」を学びましょう。

「聖徒の交わり」とは第一に、信じる「聖徒」に与えられる、主イエス・キリストとの深い「交わり=霊的交流」の喜びを言います。

「神は真実な方です。この神によって、あなたがたは神の子、わたしたちの主イエス・キリストとの交わりに招き入れられたのです。(Ⅰコリント1:9)」

このようにして、主イエスとの「交わり」に入れられた者は、主が持っておられる宝も賜物も、すべてを主と共有することができます。

私は大学の学生になったことで、図書館も使えますし、研究室も使いたい放題です。

私たちはみんな、イエス様との「交わり」へと招かれたことで、今日も神に祈りたい放題です。

主イエスが受けておられる神の愛と祝福を、何の遠慮もなく、自分のものとさせていただくのです。

「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。(ローマ8:32)」

そうです、主との「交わり」を与えられた「聖徒」たちは、すべてが与えられるとの堂々たる確信をもって、今日も力強く歩むのです。


共に祈りましょう。

主イエスよ、今日も私たちと強く結びついていてくださって、あらゆる不安や恐れから、災い、孤独、空しさから、私たちをお守りください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年4月10日 Ⅰコリント1:1,2
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR