FC2ブログ
2015. 04. 17  
使徒信条「身体のよみがえり、永遠の命を信じる」を考えます。

世の終わりの時に「復活」させていただく時、私たちは、イエス・キリストの復活の身体と同じ、栄光の身体を与えられます。

「キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、ご自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。(フィリピ3:21)」


しかし、そのキリストの栄光の体には、十字架の傷跡が残ったままであることを、忘れてはいけません。

罪を引き受け、苦難を受けて、血を流した、あの生々しい傷跡が残ったままです。

それと同じように、私たちの復活の体にも、きっとたくさんの傷跡が残るのでしょう。

この罪と死と病との戦いにもまれた人生において、私たちが味わった痛み、悲しみ、苦しみが、様々な傷跡となって、この体に刻まれています。

迫害された人の傷も残るのでしょう。激しく転んだ傷や、乗り越えた手術の跡なども残るのかもしれませんね。

それらすべては無駄ではなかったのです。それらもすべて、神が与えてくださったものです。意味ある傷跡です。だから、残ります。

その傷跡に刻まれた神の恵みが、今は見えませんが、復活の時には、きっと明らかに見えるようになります。

今まで、コンプレックスでしかなかったものも、私たちの永遠の生を彩る大切な思い出の数々として、私たちに与えられ直す・・、それが復活の希望の時です。


共に祈りましょう。

主よ、今日も私たちはこの地上の生涯に取り組み、たくさん傷つき、疲れ果ててしまうかもしれません。でも、そのすべてが栄光の輝きを帯びる、復活の体の希望を仰ぎ見ます!!主よ、今日も心を高く引き上げてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年4月18日 Ⅰコリント15:19
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR