FC2ブログ
2015. 04. 21  
私はこれから2~3年間、田中剛二という牧師の説教について研究し、修士論文を書こうとしています。

1941年6月に、ある冊子に掲載された「応えられざる祈り」という説教がすばらしいので、今週の配信で、大事なポイントを紹介いたします。

***
聖書の中には、「祈りが必ず聴かれる」との約束が、「祈りなさい」との要求と共に、しばしば与えられています。

それであるのに、信者の熱心な祈りが応えられなかったという経験は、私たちの多く知るところです。

このことは、私たちが祈る時の、一つの最も大きな難関ではないでしょうか。

しかしながら私たちは、この神の表面的な拒絶について、失望する前に反省しなければならないでしょう。

私たちは間違いだらけであり、本当になすべきことをしばしば見誤ります。

そんな私たちが神に望んでいる答えが、最善のまた最も正しい答であるわけではありません。

ですから、その答が与えられなかったからといって、神を不正とすることができましょうか。

私たちは、神に対して、「あなたはこうなさるべきだ」と強要するような、傲慢にふくれあがってしまってはいないでしょうか。

「神は神にて在すという明白なこと、・・・神は我らよりもはるかに比いもなく偉大にて在すという明白なことが、祈りの応えられない時こそ、真実に告白されねばなりません。(田中)」

イザヤ書55:8-9に示された、神の御心の圧倒的な深遠に思いを馳せましょう。

「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり、わたしの道はあなたたちの道と異なると主は言われる。天が地を高く超えているように、わたしの道は、あなたたちの道を、わたしの思いは、あなたたちの思いを、超えている。」


共に祈りましょう。

「近寄り難い光の中に住まわれる、深遠なる方。偉大な天地の創り主よ。わたしたちではなく、主よ、わたしたちではなく、あなたの御名こそ、栄え輝きますように。あなたの慈しみとまことによって。(詩篇115篇参照)
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年4月22日 ルカ22:42
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR