FC2ブログ
2015. 04. 22  
<田中剛二「応えられざる祈り」より、抜粋>

神の愛は、個人個人に対するのと同時に、全宇宙の全被造物に注がれています。

私たちはあまりにも、ただもう自分のことばかりに没頭し、心を奪われ、神と自分との関係をのみ主張します。

しかし、実は個人の生活は、全体の歴史の一部なのです。

一人一人の人生は、全宇宙をあまねく導く、神の大いなるご計画のうちに織り込まれています。

私一人が神の被造物ではなく、私一人が信者でなく、私一人が祈っているのではありません。

私たちの祈りがたとえいかに熱心で、それ自体正しく見えても、全体に対する神のご計画に沿わないことがあるとは、考えられないでしょうか。

モーセは、荒れ野の40年の旅の後、約束の地に入りたいとの願いは拒まれました。

モーセのカナン入国を許可するのは、イスラエルの民を戒めようとする神の道徳的計画に反するからです。

あのゲツセマネのイエス様の、十字架の苦しみを回避させてくださいとの祈りは拒まれました。

一人の祈りの拒絶は、神のご計画全体に、救いの歴史全体に、大きな意味を持っているのです。


あのイエス様の祈りに合わせて、共に祈りましょう。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。(ルカ22:42)」

主よ、今、困難を覚える者たちのために祈ります。あなたの大きなご計画の中での、個人的な苦しみの意味を、悟ることができるヴィジョンを、彼ら彼女らにお与えください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年4月23日 エフェソ3:20,21
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR