FC2ブログ
2015. 05. 26  
昨日はじめて、日曜学校の教師の姉妹たちとの、平日の学び会をしました。

これから毎月一回、継続していきたいと願っています。お祈りで支えてください。

上から「こうあるべき」と押し付けるだけの教育ではなく、イエス様の大きな赦しの愛の中で、子どもたちと痛みを分かち合い、励ましあう、そんな関わり方をしていきたいのです。

教師自身の抱えている、疑いや迷いや、イエス様に従いきれぬ弱さをさらしつつ、でも、その私をイエス様は赦してくださったという喜びと、今より後イエス様のために生きたいと願う小さな決断を、子どもたちに豊かに証しさせていただきたいと願います。

何より、神さまの子どもとしていただいたことの喜びを、豊かに証しできる教師になりたいのです。

あの放蕩息子が、父に抱かれた時の喜びと平安ですね。

こんな私が、神の目にかけがえのない子として、ただ愛されている。

まことにかたじけない、ありがたい・・・、この喜びが、「私も、父を愛したい。父の喜んでくださることをしたい。」との熱心を呼び起こします。

この愛し愛される神との親子関係の喜びが、子どもたちの人生のすべての時間を、強く支える軸となることを信じます。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。(ヨハネの手紙Ⅰ3:1)」


共に祈りましょう。

天のお父様、あなたの子とされる資格のない私に、走りよって、抱きしめ、接吻してくださるあなたの愛の中で、今日も朗らかに歩ませていただきたいと願います。あなたの子として、あなたの喜びに仕えることができますように。また、愛する子どもたちに、この「あなたの子とされる」喜びを、証しできますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年5月27日 ヘブライ7:27
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR