FC2ブログ
2015. 05. 30  
今週は、いつも以上に様々な方々との語らいがあり、悩み、励まされ、教えられ、魂が養われました。

その中で特にひとつだけ、ある方から教えていただいた言葉を分かち合わせていただきます。

「永存の希望」

我は我が思想を以て後世に残らんと欲せず、

又我が政策、又は軍功、又は藝術を以て我が名を後世に伝えんと欲せず、

我は我が愛を以て長く人の心に留まらんと、欲す、

我が著書は悉く(ことごとく)忘らるるも可なり、我が事業はすべて失敗に帰するも可なり、

願くは我が愛の永久的ならんことを、

願くは真の愛を以て冷水一杯にても与ふるを得て、小さき一人の心になりと愛の紀念として在らんことを。

馬太傳十書四十二節(明治42年―1909年)

(マタイ10:42「・・この小さな者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。」)


これは、内村鑑三先生の言葉です。

他の何も残らずとも良い。願わくは、私の愛だけが永久に残りますように。そんな永遠の愛を、神が私の内に起してくださるように。

「それゆえ、信仰と希望と愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。(Ⅰコリント13:13)」


共に祈りましょう。

主よ、それぞれに与えられた、今週の歩みを感謝します。信仰と希望と愛を豊かにしてくださって、いよいよ恵みの世界へと導いていってください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年6月2日 ヨシュア1:9
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR