FC2ブログ
2015. 06. 18  
今日も、不信仰の山を動かしてください、実を結ぶイチジクにならせてくださいと祈りましょう。

聖書には、「実を結ぶ」という比喩がとてもたくさん用いられます。

例えば、エレミヤ17:5-8にはこうあります。

呪われよ、人間に信頼し、肉なる者を頼みとし
その心が主を離れ去っている人は
彼は荒地の裸の木・・・

祝福されよ、主に信頼する人は。
主がその人のよりどころとなられる。
彼は水のほとりに植えられた木。
水路のほとりに根を張り・・・実を結ぶことをやめない。

主に信頼する人は、みずみずしく、白髪になってもなお実を結びつづけ、命にあふれ、いきいきとします(詩篇92:15)。

それは、「人間」の力では不可能です。私たちの努力と修練が、実を結ばせるのではありません。

本当に修練を重ねた人は、そういう己れの無力、限界というものを悟るものです。人間には信頼できません。

しかし、人間にはできなくても神にはできる。だから、祈るのです。主に信頼し、祈るのです。

いやむしろ、主に信頼することができるようにというところから、祈り始めるのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちに信仰と希望と愛を与えてください。どうか、豊かに与えてください。あなたと共に生きる喜びを、まだ私たちはほんのわずかしか知りません。主よ、実を結ぶ喜びを教えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年6月19日 ヘブライ13:20,21
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR