FC2ブログ
2015. 06. 24  
先主日の説教において、天からの権威か、人からの権威かということが問われました。

「悔い改めよ」と叫んだ洗礼者ヨハネは、天から、すなわち神から遣わされたと信じるか?

あるいは、人から、すなわち自分で勝手に、あるいは周囲の者たちが権威付けているだけか?

天からか、人からか・・・。

使徒言行録5:29の、このような言葉を思い出します。「ペトロとほかの使徒たちは答えた。『人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。・・・』」

あるいは、こういう言葉も心に浮かびます。マタイ10:28です。「体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。」

今朝、私は祈りの中で、神様に背筋を伸ばしていただきました。

そして、「人間を恐れない心をください」との祈りが与えられました。

人間として、他の人間と生きていこうとする時に、私たちはどうしても様々な感情を味わわざるをえません。

思うように心が通じなくて無念で、悲しくて・・、トラブルに向き合うのが恐くて・・、周囲の評価が気になって・・、あれがいけなかったかと後悔して・・・。

色んなことを考えてしまう。しかし、人間の思いに振り回されてはいけません。


共に祈りましょう。

主よ、人間を恐れない心をください。あなたをしっかり見つめ、あなたの御心をなすことだけに、心を注ぐことができますように。間違いだらけの私たちの歩みを、どうか赦してください。そして、今日も人間として、あなたの赦しの愛の中で、精一杯に生きることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年6月25日 エレミヤ18:11-12
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR