FC2ブログ
2015. 06. 25  
日曜日の説教では、イエス様を神殿から追い出そうとした祭司長たちの姿に学びました。

彼らは、自分たちこそ神殿において権威を持つ管理者であると自負していました。

ですから、「ここにはほんとうの神礼拝がない」と改革を迫るイエス様のことが、断じて許せません。

神殿の真の主人はイエス様なのですが、その権威を認めようとせず、その教えにも耳を傾けようとせず、かたくなな心で追い出そうとするのです。

私たちもまた、イエス様をこの心から追い出そうとしてしまう「かたくなさ」を抱えていないでしょうか。

私は私自身の支配者ではなく、私の真の支配者はイエス様なのに・・・。


「かたくな」であってはならないと、聖書には繰り返し言われています。

特に今朝は、エレミヤ18:11-12の御言葉が胸に迫ります。

「今、ユダの人々・・に言うがよい。『主はこう言われる。見よ、わたしはお前たちに災いを備え、災いを計画している。お前たちはみな、悪の道から立ち帰り、お前たちの道と行いを正せ。』彼らは言った。『それは無駄です。我々は我々の思いどおりにし、おのおのかたくなな悪い心のままにふるまいたいのだから。」


私たちは、自分の「思いどおり」にふるまおうとするならば、必ず神を悲しませてしまいます。残念ながら、そういう「悪い心」しか持っていないのです。

イエス様を、この心から追い出そうとせず、その教えに真剣に耳を傾け、心を作り変えていただく。

今日も、そのように願って、共に祈りましょう。


主よ。私の支配者よ。どうか、このかたくなな心を砕いてくださって、あなたが様々なかたちで与えてくださる警告に、真摯に耳を傾け、あなたの御心に生活を沿わせていくことができますように。どうか、今日も私たちを聖化してください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年6月26日 エレミヤ42:20-21
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR