FC2ブログ
2015. 07. 10  
「空しい、空しい、すべてが空しい」とのコヘレトの言葉を、今週は聞き続けています。

あんまり聞き続けますと、そうか生きることは空しいのだと、どうせ誰もが死ぬのだから・・と、虚無感にひきずりこまれてしまいそうです。

コヘレトとは、「賢者、導師」というような意味ですが、ちょっとひねくれすぎの感がありますね。

でも、彼が最終的に伝えたいことは、大いなる神が生きておられるということです。

この書物のいたるところで、やや屈折した仕方ではありますが、神の偉大さがたたえられます。

人間にはすべてのことを悟ることはできないが、神はすべてを知っておられる。

私たちの思いを超えて、ひとつひとつ、神の定めておられる時があると、諭します。

そして最後のページにこう結論するのです。「すべてに耳を傾けて得た結論。神を畏れ、その戒めを守れ。これこそ人間のすべて。(12:13)」

神を畏れかしこみ、信頼して歩むこと。その神の「戒め」、すなわち神の示してくださる愛の道、正義の道に、一歩一歩誠実に取り組んでいくこと。

そういう歩みこそが、人間のすべてである。すなわち、人間のなすべきことのすべてである。

そうやって神の前で誠実に生きていくところに、私たちが求めてやまない、真の幸福があるという教えです。


共に祈りましょう。

主よ、自分は何をしているのか?と、迷い悩む時が、だれにもあると思います。若い者にも、老いた者にも、聖書の教えをふさわしく与えてくださり、確かな道を歩んでいるという手応えを与えてくださいますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年7月11日 コヘレト12:1
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR