FC2ブログ
2015. 07. 28  
先の日曜日には、ローマ13:8-10の御言葉を分かち合いました。

特に9節です。「『姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな』、そのほかどんな掟があっても、『隣人を自分のように愛しなさい』という言葉に要約されます。」

私たち人間は、神のかたちとして創造された、尊厳ある存在です。

今は、堕落により、罪に汚染されてゆがんでしまっているとはいえ、その尊厳はなおも保たれています。

そのような神のかたちがこれ以上壊れてしまわないように、また、人間としてよりふさわしく生きていくことができるようにと、神様は「掟(律法・規範・ルール)」をさまざまな形で与えてくださっています。

そして、そういう掟はつまるところ、一言で言うと「隣人を自分のように愛しなさい」ということに尽きると、言われているのです。

神が愛であるように、人間もまた、愛することのできる者として、また愛することを願う者として創造されました。

そういう私たちの本来の姿が回復される時、隣人愛に生きることは、義務でも重荷でもなく純粋な喜びです。

イエス様が与えてくださる罪からの救いは、そういう喜びの回復でもあるのです。


共に祈りましょう。

主よ、今週私たちが、隣人を自分のように愛するという教えに深まっていくことができますように。他者を排除したり、他者に無関心であったりすることが、主流になってしまっている私たちの時代に、私たちがいかに生きていけばいいのか、あなたの導きを与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年7月29日 ヤコブ2:8
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR