FC2ブログ
2015. 07. 29  
今週は、「隣人を自分のように愛しなさい」という教えに深まっていきましょう。

ヤコブの手紙2章8節によれば、それは「最も尊い律法」です。

それほどに大切と言われるのは、それが私たちにとって果てしなく難しいからです。

なぜなら私たちは、自分を愛することはできても、同じようには隣人を愛することはできないからです。

自分にとってメリットのないことができない、そういう悲しさを私たちは抱えます。

愛の人になりたいなんて偉そうに言っているが、だれかに優しくするのは、その人を仲間にしたいからではないか?

自分がほめられたいからではないか?どっちにしろ、結局、自己満足のためではないか?

・・・そういう風に非難されるなら、誰も否定できないのではないでしょうか。

否定できると思うなら、それは傲慢かもしれません。

そういう人間の現実から考えて、隣人愛など存在しないのだ。すべては偽善だと、開き直るのも一つのありかたです。

しかし私たちは、開き直るというのではなく、そういう自分の偽善性をしっかり自覚した上で、その偽善的な愛をも用いてくださいと、神に祈る者でありたいと思うのです。


共に祈りましょう。

主よ、真実の愛よ、あなたのようには愛せない自分を恥じます。しかし主よ、どうかこの自己中心で、偽善的な心をきよめてくださって、隣人を自分のように愛するということが本当にできるようにしてください。主イエスが私を愛してくださったように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年7月30日 Ⅰヨハネ4:7-8
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR