FC2ブログ
2015. 07. 31  
ローマ14章には、考え方の異なる者同士で裁きあわないで、むしろ相手の嫌がることはしないように配慮しようというすすめがあります。

具体的には、ある人は古い慣習から抜けきれず食べ物のタブーを気にするけど、ある人はそういうことからまったく自由で何でも食べてしまうという、問題を扱っています。

イエス様の十字架以降は、食べ物のタブーは存在しませんから、気にする必要はありません。

14:14でこう言われています「それ自体で汚れたものは何も無いと、わたしは主イエスによって知り、そして確信しています。」

でも、その上で、まだそういう確信に至れない人がいるのならば、配慮してあげなさいとすすめるのです。

「それは古い考えだ、間違っている」と断じたり、あえて挑発的に目の前で食べてみたりするならば、それは「愛」の姿勢ではないと言うのです。

14:15にこうあります。

「あなたの食べ物について兄弟が心を痛めるならば、あなたはもはや愛に従って歩んでいません。食べ物のことで兄弟を滅ぼしてはなりません。キリストはその兄弟のために死んでくださったのです。」

こういうところに、「愛」の問題が、具体的にあらわれるのです。

最大のポイントは、「キリストはその兄弟のために死んでくださったのです」ということです。

これについては、明日さらに深まっていきましょう。


共に祈りましょう。

主よ、自分のことしか考えていない私のために、キリストが死んでくださったことを感謝します。私への裁きを、キリストが引き受けてくださったことを感謝します。あなたの愛で、この私をも、愛の人に作り変えてくださいますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年8月1日 ローマ14:14-15
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR