FC2ブログ
2015. 09. 11  
イエス様が私たちに教え、招いてくださる「義の道」を考えるために、ミカ6:6-8の御言葉とよく向き合うことが大切です。

以下に意訳をいたします。

「神様は、どんなものを喜んでくださるのであろうか。

主の御前に、いと高き神の御前に出ていくためには、どんな贈り物をさしあげればいいのだろう?

焼き尽くすささげものがいいのだろうか?おいしそうな子牛がいいのだろうか?

何千匹もの羊がいいのだろうか?高価な香油を流れるほどにさしあげようか?

あるいは、私の罪の身代わりとして、・・・私のかわいい長男の命を差し出そうか?

私の大事な跡継ぎの命までもささげるなら、神は喜んでくださるだろうか?

・・・いや、違うのだ。そういうことではないのだ。

人よ、神はあなたに告げておられるではないか。何が善いことなのか。神はあなたに何を望んでおられるのかを。

それは、正義と公正を行うこと。強きをくじき、弱きを助けること。

慈しみを愛すること。精一杯、神を愛して、隣人を自分のように大切にすること。

そして、へりくだって、あなたの神と共に歩むこと。砕かれた柔和な心で、神にすべてをおゆだねして・・・。」


共に祈りましょう。

主よ、今日の一日が、あなたの御心と寄り添う一日となりますように。正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神と共に歩むこと。この義の道を行くことができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年9月15日 マタイ21:43
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR