FC2ブログ
2015. 09. 30  
自分の持ち物には、ちゃんと自分の名前を書いて大切にしておられる方も多いでしょう。

神様も、「神のもの」である私たち一人一人に、御自分の名前を刻み込むようにして、大切に扱ってくださっています。

創世記に記された、カインのことを思い出すのです。

彼は、エデンから追放された後の、どんどん悪くなっていく人間の始まりです。

ねたみからひねくれて、弟アベルを殺してしまった・・・。その罪を問われて、呪われる者となって追放されます。

しかし、神はそのカインのために特別な守りの「しるし」をつけられたのです。

「カインは主に言った。『わたしの罪は重すぎて負いきれません。今日、あなたがわたしをこの土地から追放なさり、わたしが御顔から隠されて、地上をさまよい、さすらう者となってしまえば、わたしに出会う者はだれであれ、わたしを殺すでしょう。』

主はカインに言われた。『いや、それゆえカインを殺す者は、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう。』

主はカインに出会う者がだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられた。(創世記4:13-15)」


この「しるし」とは何だったのか謎ですが、まるで御自分の名前を刻んでおられるかのようです。

「これは私の愛するものだ、手出しをするな」と示しておられるのです。

カインは、ねじけてしまったすね者です。でも神は、そのカインをまだ愛し、守られるのです。

「できそこないだが、私の大切な宝物だ、だれにも手出しはさせない」と。これが、すべての罪人に向けられた神の愛だと私は思います。

この愛に気づいた者が、この愛に感謝し、この愛に応答していく。「神のものを神に返す」とは、そういうことでもあるのです。


共に祈りましょう。

愛する主よ、あなたのご栄光を汚す私たちを、なお御自分の宝と見なしてくださる、あなたのお取り扱いに驚くばかりです。私たちの鈍感な心を開いてくださって、注がれ続けるあなたの愛に気づかせてください。そして、この冷めた心を燃やしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年10月1日 イザヤ43:5-7
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR