FC2ブログ
2015. 10. 23  
日本キリスト改革派教会・創立70周年記念宣言を読んでいます。4回目です。

福音に生きる教会(牧会的共同体)

福音に生きる教会は、キリストの命が通う一つの体であり、互いに配慮しいたわり合う牧会的共同体である。

一つの部分が苦しめば全体が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば全体が共に喜ぶ。

キリストの体では弱い部分、見劣りのする部分こそが必要とされ、重んじられる。

それは、体に分裂が起こらず、各部分が互いに愛の配慮をもって生きるためである。

弱さの中に働く神の恵みの力を世に証しすることに、教会の光栄と喜びがある。



ここはⅠコリント12章12-31節の有名な御言葉に由来していますね。ぜひ確認しておいてください。

教会は、幼子、高齢者、病む者、泣いている者・・・そんな弱い者たちこそが大切にされる群れだと教えられています。

人間の弱さの中でこそ、神は力を現されるからです。

自分の無力を思い知らされ、砕かれきった、何も持たない者の、その空っぽの手こそが、神の恵みを受け取るのにちょうどいいからです。

だから、弱い者こそ重んじられます。いや、むしろ私たちはすべて、神の御前で弱い者に過ぎないのです。


共に祈りましょう。

教会のかしらなる主イエスよ、私たちが、互いの弱さを受け入れあい、愛し合い、支えあい、あなたの限りないやさしさを証ししていくことができますように。今日も、痛んでいる兄弟姉妹に、あなたのかえりみがありますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年10月24日 詩篇23篇
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR