FC2ブログ
2015. 11. 10  
日本キリスト改革派教会・創立70周年記念宣言を分かち合っています。13回目です。

第二部:善き生活(命の道)

二.「あなたはいかなる像も造ってはならない」

「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。(ローマ12:1)」

神は霊であられる。主の臨在を鮮やかに示す福音的説教と礼典が、生き生きと行われる礼拝に、偶像が入り込む余地はない。

わたしたちは、形だけの礼拝や自己満足的な生活に安住することなく、むしろ自分自身を神に献げ、隣人を愛する生活によって主に仕えよう。

愛の神を永遠に喜び、主の正義を表すことが礼拝的人生だからである。

******
「礼拝的人生」という言葉が印象深いですね。

日曜日ごとの「礼拝」に生き生きと取り組む。これが私たちの人生のベースになります。

そしてそういう「礼拝」において確立された、神様との健やかな関係の中で、人生のすべての時間を喜び生きることができれば幸いです。

今日ぜひ、「礼拝的人生」ということを意識してみてください。

神の御前で、「御言葉」の励ましをいただきながら、「祈り」ながら、「賛美」を口ずさみながら、精一杯「献身」するのです。


共に祈りましょう。

主よ、どんな偶像も作らずに、霊と真理をもって、あなたをふさわしく礼拝したいのです。そして、あなたとの命のきずなをもっと深めていただきたいと願います。主よ、今日も私たちの魂を高く引き上げてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年11月11日 ヨハネ14:13
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR