FC2ブログ
2015. 12. 17  
今週は、「選び」の恵みを分かち合っています。

私自身のことを言えば、私は「どうして僕はクリスチャンになったのだろう?」ということが、自分でよく分からないという不安定さを抱えていました。

何かを熱心に求めて教会に来たわけではありませんでした。(妻が通っていたから、自分も通い始めただけです・・・)

何かがはっきりと分かって、洗礼を受けたわけでもありませんでした。

聖霊に突き動かされるようにして、ポンポンと事は進んで洗礼を受け、自分はクリスチャンになっていました。

とはいえ、生活に大きな変化はなく、まったくクリスチャンらしくありません。

でも、イエス・キリストという存在は、私の中でもう決して消すことのできない大きなものになっていました。

だから、とても不思議な思いでした。「どうして、いつから、どうやって僕はクリスチャンになったのだろう?・・そして、このままクリスチャンと名乗っていていいのだろうか?」と、不思議な悩みを抱えていました。

そういう私が、「救いの確信」を得たのは、「神様が選んでくださっていた」という予定の教理を学んだ時でした。

私が私の考えでクリスチャンになったのではなく、神様がそのように計画し、導いてくださったのです。主役は神様です。

イエス様も言っておられます。「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。(ヨハネ15:16)」

イエス様が選んでくださり、信仰を与えてくださったから、今の自分がいるのだ・・。

そう知ったときに、すべての謎が解け、深い平安を得ました。

そして、これからも、この道を歩ませていただこうと決意しました。ここまで導いてくださった神様が、これからも導いてくださって、必ず自分をふさわしく整えてくださると信じたのです。


共に祈りましょう。

主よ、値なき者を選んで愛してくださる、あなたの恵みに感謝します。今、信仰の迷いを覚える者に、救いの確信を与えてください。また、求道の友にもそれぞれにふさわしく、信仰へと導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年12月18日 申命記7:6-8
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR