FC2ブログ
2015. 12. 22  
クリスマス記念礼拝には、たくさんの方が出席され、うれしく思いました。

家族の付き合いで・・、毎年誘っていただいて・・、表面的には色んな理由があると思います。

しかし心の奥底では、皆さんそれぞれに、「救い主」への憧れを、何らかの形で抱いておられることでしょう。

だから、礼拝へと足を運ばれたのではないでしょうか。

それに無自覚の方、あるいは「そんなことはない」と否定される方もいらっしゃいます。

でも、聖書から示される人間理解によれば、人はみな、あるべき場所からはぐれてしまって泣いている、迷子の羊です。

そんな自分を、命の泉へと導き返してくれる、まことの羊飼いである「救い主」を、誰もが求めているのではないでしょうか?


「わたしたちは羊の群れ。道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。そのわたしたちの罪をすべて、主は彼に負わせられた。(イザヤ53:6)」

迷える、滅びゆく羊を導き返し、神の愛のもとで安らわせるために、イエス・キリストという「救い主」は来てくださいました。

人として生まれてきてくださり、わたしたちに代わって、十字架にかかって死んでくださいました。

キリストが生まれてきてくださったことに、感謝します。


共に祈りましょう。

神よ。独り子を与えてくださったほどに世を愛してくださった、大いなる愛よ。私たちに必要なすべてを、あなたは備えてくださいます。あなたがくださった最大のプレゼントに感謝し、大いなる御名をほめたたえます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年12月23日 ルカ19:10
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR