FC2ブログ
2015. 12. 23  
今日は夜の6時から、教会でキャンドル・サーヴィスが行われます。ぜひお越しください。
*******

クリスマスは、「救い主」イエス様の誕生をお祝いする時ですが、考えてみますと「救われる」とはどういうことでしょう。

イエス様は「自分の民を罪から救う」方として、生まれてきてくださいました(マタイ1:21)。

私は、「救われる」ということを、最も分かりやすく伝えてくれているのが、ルカ19章のザアカイの物語だと思っています。

その最後でイエス様はこう言われます。「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。(ルカ19:10)」


徴税人のかしらとして悪に悪を重ね、決定的に神から離れていたザアカイは、イエス様の目から見て、「失われた」迷子でした。

イエス様は、そのザアカイを深く愛して、神のもとへと導き返し、正しい道へと回復されました。

これが「罪から救う」ということです。

イエス様は、そんな「救い」を与えるために、ザアカイを必死で捜して、ついに木の上に見つけ出してくださったのです。

「そのために、わたしは来たのだ」という言葉に、私はクリスマスの恵みを思います。

私たち一人一人の存在を、「捜して救う」ためにと、天を引き裂いて、地上へと来てくださった、はるかな旅路を思うのです。


共に祈りましょう。

わが罪のため、栄を捨てて、天よりくだり、十字架につけり。わが主イエス、わが主イエス、わが主イエス、われを今日も愛したまえ。われ、なんじの導きによりて、罪の道より救わるるを求めん。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年12月24日 ヨハネ1:4-5
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR