FC2ブログ
2015. 12. 26  
昨日、長く入院しておられるT兄をお見舞いさせていただきました。

寝たきりで、言葉を交わすことはできませんが、兄弟を囲んでみんなでクリスマスの賛美歌を歌いました。

お元気な時には、賛美歌を歌うことが本当に大好きな兄弟であったと伺います。

私は、こんな詩編の言葉を思い出していました。

詩編102:19「 後の世代のために/このことは書き記されねばならない。『主を賛美するために民は創造された。』」


神を賛美する・・・、私自身のことを振り返れば、そんなことは、まるで考えたことのない人生を23歳まで歩んできました。

しかし、今私は、神を賛美しながら生きるということの素晴らしさを知っています。

冬に咲くバラのクリアピンクの、その透き通った美しさに、神の素晴らしさを見出して、ほめ歌を歌います。

今日も、命が与えられたこと、生きよと命じられていること、主に愛し抜かれた私であること・・。

そして、今日も信仰が与えられ、キリストの命がこの魂に注がれていることに、深い感謝を覚えて、賛美の声が弾みます。

朝から、ほがらかに歌っていたら、変なおじさんに見えるかもしれません。

でも、今日も賛美をしながら、生きていきたいのです。主を賛美するために、私たちは、神の民としていただいたのですから。

明日は、今年最後の礼拝です。こぞって、ほめ歌をささげましょう。


共に祈りましょう。

主よ、あなたを賛美することの喜びを、私たちに教えてくださってありがとうございます。
主よ、今打ちひしがれている者もいるかもしれません。どうか一人一人の心に寄り添ってくださって、それぞれの心を高く上げさせてくださって、光さす方へと導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015年12月29日 マタイ24:31
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR