FC2ブログ
2015. 12. 31  
今年も最後の一日ですね。健康が守られ、この日々の御言葉の奉仕もほぼ休みなく継続することができました。

大切に読んでくださる方がいますから、忙しい時も、体がきつい時も、がんばって取り組むことができました。

聖書の言葉を、日々の霊の糧としてみんなで大切にいただく、そういう魂の交流をかけがえのないものだと思います。

昨日の祈祷会では、詩編103篇に促されて、みなで祈りを合わせました。

その14-17節には、こんな御言葉があります。

「主はわたしたちを、どのように造るべきか知っておられた。
わたしたちが塵にすぎないことを、御心に留めておられる。
人の生涯は草のよう。野の花のように咲く。
風がその上に吹けば、消え失せ、生えていたところを知る者もなくなる。

(しかし)主の慈しみは世々とこしえに、主を畏れる人の上にあり・・・。」

私たちの人生は、はかなく草のようで、この2015年に積み重ねた一日一日の記憶も、吹けば飛ぶような空しいものかもしれません。

しかし、主の永遠の慈しみが、その小さな私の一日一日に注がれているのです。

その主の慈しみのまなざしの中で、私が懸命に生きたこの2015年の一日一日も、神の御前に意味あるものとして、永遠に記憶されています。

だから、詩編103:1-2にならって、共に主をほめたたえて祈りましょう。

「わたしの魂よ、主をたたえよ。
わたしの内にあるものはこぞって、聖なる御名をたたえよ。
わたしの魂よ、主をたたえよ。主の御計らいを何一つ忘れてはならない。

主がこの2015年に示してくださった、すべての御計らいを思い起こし、主よ、私は今、あなたを力の限りほめたたえます。」
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年1月1日 詩編95:6-7
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR