FC2ブログ
2012. 12. 15  
今週の最後に、義のために迫害される者の幸いを覚えながら、終末についてのイエス様の教えを聞きましょう。

2012年もまた、この世界の終わりが近づいていることを思わされる、闇の一年でした。

でも人間の歴史は、これまでのどの時代でも、そんな終末感に満ちていました。

だから、どれだけ世界が闇に満ちても、落ち着いて、希望の福音に踏みとどまりなさいと、イエス様は教えてくれます。


「人に惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがメシアだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。

戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。

民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。

そのとき、あなたがたは苦しみを受け、殺される。また、わたしの名のために、あなたがたはあらゆる民に憎まれる。

そのとき、多くの人がつまずき、互いに裏切り、憎み合うようになる。偽預言者も大勢現れ、多くの人を惑わす。

不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。

そして、御国のこの福音はあらゆる民の証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから終わりが来る。(マタイ24:4-14)」


共に祈りましょう。

主よ、この暗闇に満ちた時代を憐れんでくださり、神の国を完成させてください。主よ、来てください!!私たちが、決して希望から離れることのないように、耐え忍ぶ力をください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2012年12月18日 マルコ9:50
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR