FC2ブログ
2016. 01. 16  
昨日、姉妹方と話をしていて改めて気づかされましたが、教会というのは本当にみんな背景がバラバラなのですね。

同じサークルに集うこともないだろうし、学校の同級生ならば友達にならなかった人たちかもしれない。

でも、そのようなお一人お一人が、同じ主を見上げているというその一点でつながっています。

切実な飢え渇きを求めて、教会にたどりついた方もいらっしゃいます。

そうではなく、何も求めるつもりはなかったけど、なぜか教会に導かれ、そのまま主にとらえられてしまった人もいます。

みんなバラバラです。でも間違いないのは、誰もが主に選ばれていたということです。

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。(ヨハネ15:16)」

私たちが集まりたくて集まったのではなく、主が私たちを選んでくださって、勝田台教会を形成させてくださいました。

その不思議を思いつつ、詩編の言葉を思い返していました。


「詩編65:5 いかに幸いなことでしょう/あなたに選ばれ、近づけられ/あなたの庭に宿る人は。恵みの溢れるあなたの家、聖なる神殿によって/わたしたちが満ち足りますように。」

私たちはみな、主に「選ばれ、近づけられ」、主の庭・主の家なる礼拝堂に集まることへと召された者たちです。

そんな意識をもって、明日、兄弟姉妹とともに、主の庭に進み出ましょう。同じ主を見上げる礼拝こそ、私たちの一致の源です。


共に祈りましょう。

主よ、あなたが選ばれたお一人お一人に、今日もあなたの尽きせぬ恵みと平和がありますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年1月19日Ⅰテサロニケ1:1-4
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR