FC2ブログ
2016. 01. 23  
今年の年間目標の「聖徒の交わりを深める」にまつわる御言葉を、分かち合ってきました。

まだ分かち合いたい御言葉はたくさんありますが、一応今日で、このシリーズは終わります。最後に読みたいのは、この御言葉です。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです。(Ⅰヨハネ3:16)」

教会の交わりは、愛を学び、実践する学校です。そして、愛とは、兄弟のために命を捨てることと教えられています。

兄弟のために命を捨てる・・・。古代のクリスチャンは、これを本気で受け止めました。

疫病に感染するのも承知で看病したり、迫害の際に命を張って兄弟を逃がしたり。

平均寿命が40歳にも満たない時代の彼らには、地上の「命」への執着も私たちより薄かったのかもしれません。

現代に生きる私たちには想像を超えることであり、どうすればいいのかと立ちすくむ思いもします。

でも、まず大切なのは、普段の生活からいろいろなかたちで、兄弟姉妹のために自分の賜物や時間を用いることを意識していくことではないでしょうか。


共に祈りましょう。

主よ、私たちはそれぞれに自分の「命」が大切で、兄弟のために命を捨てるということに、大きな壁を覚えます。主よ、どうか私たちの限界を打ち破ってくださって、真実の愛の交わりを実現させてくださいますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年1月26日 マタイ14:22-33
NEW Topics
2020年1月17日 創世記2:7「生きる者となる」
2020年1月16日 ルカ2:19「心に納める」
2020年1月15日 創世記2:7「命を与えてくださった」
2020年1月14日 創世記2:7「塵にすぎない」
2020年1月10日 創世記2:18
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR