FC2ブログ
2016. 01. 30  
今週も色んなことを学びましたが、KGK(キリスト者学生会)の方から教えていただいたことが、心に残っています。

「今の大学生は、あまりにも多忙で、問うべき問を問わないまま、大人になっていく」という言葉でした。

いや、正確には、問うべき問を問わないままだから、大人になりきれないままである、というほうがいいのかもしれないと私は思いました。

多忙というのは、物理的なことのようです。授業、バイト、サークル、就職活動・・・。

それらは本当は、「いやだ」と立ち止まれば解消する忙しさなのではないでしょうか。でも、それができない。流れに逆らうことが、怖くて不安でできない・・・。そういうところに、問題の本質があるように、私は感じました。

そして、それは決して現代の大学生だけの問題ではないと、凍りつくような緊張を覚えるのです。

もし時間はたっぷりあるとしても、私たちもまた「問うべき問を問わないまま」ならば・・・・。


では、「問うべき問」とは何なのか?・・・まずは、それを問うことから始めなければなりません。


ポンテオ・ピラトがイエス様を尋問した際の、やりとりを思い出しました。

「・・・イエスはお答えになった。『・・・わたしは真理について証しをするために生れ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。』ピラトは言った。『真理とは何か。』(ヨハネ18:37-38)」

ピラトは、「真理」である方に直面することで、「真理とは何か?」と問うことを知りました。

わたしたちも、「すべての答え」である神と向き合い、まず、私たちが「問うべき問」を教えていただきたいと思います。おそらく、それを悟る時には、その問の答えも、おのずと見えているはずです。

そのために、神のもとに集うのです。礼拝とは、そのためのものです。聖書とは、そのために読むものです。


共に祈りましょう。

主よ、流れにのみこまれていくように、慌ただしく過ぎてしまったこの一週間であり、1月の日々であったことを省みています。主よ、今あなたのもとで静まって、立ち止まります。主よ、私たちが問うべき問を教えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年2月2日 マタイ25:14-15
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR