FC2ブログ
2016. 02. 12  
昨日の東関東中会「平和の集い」で、ネヘミヤ9章から説教させていただきました。

ネヘミヤ9章は、悔い改めの祈りのかたちで、アブラハムの選びに始まるイスラエルの歴史が想い起されます。

それは、約束にしたがって恵みを注ぎ続けてくださった、神の憐れみ深さについての記憶を保存するものです。

同時にそれは、その神を裏切り続け、傷つけ辱めてきた、「神に対する加害の歴史」の記憶を保存するものです。

「わたしたちはあなたに罪を犯しました」と、はっきり自覚しているのです。

「あなたは正しく行動されました。あなたは忠実に行動されました。しかし、わたしたちはあなたに背いてしまいました。(ネヘミヤ9:33)」


日本においては、先の戦争を語る時に、被害と苦難の歴史ばかりがいわれて、加害の歴史がなおざりにされていると、しばしば指摘されます。

例えば、戦争のメモリアルデーは、8月15日。広島・長崎への原爆という惨禍を経て、戦争が終わった日です。

しかしドイツの場合は、1月27日。アウシュビッツが連合国に解放された日がメモリアルデーとされます。それは、加害の記憶です。民族の恥であり、思い出したくない記憶を、そのようにして保存します。


日本人だけでなく、人類全体として、加害の歴史の想起ということが、今日改めて大切に考えられるべきでありましょう。

なによりも根本的な、「神に対する加害の歴史」ということを、「わたしたちの歴史」として継承することが、必要だと思えてなりません。


共に祈りましょう。

憐れみ深い主よ、わたしたち人類は、あなたに背き、あなたを辱め続けているものです。それにもかかわらず、恵みを注ぎ続け、世界を見捨てないでいてくださるあなたに感謝します。どうか主よ、私たちがあなたの御心を実現し、罪を犯さないようにしてください。富に支配されないように。だれも殺さないでいられるように。
昨日の東関東中会「平和の集い」で、ネヘミヤ9章から説教させていただきました。

ネヘミヤ9章は、悔い改めの祈りのかたちで、アブラハムの選びに始まるイスラエルの歴史が想い起されます。

それは、約束にしたがって恵みを注ぎ続けてくださった、神の憐れみ深さについての記憶を保存するものです。

同時にそれは、その神を裏切り続け、傷つけ辱めてきた、「神に対する加害の歴史」の記憶を保存するものです。

「わたしたちはあなたに罪を犯しました」と、はっきり自覚しているのです。

「あなたは正しく行動されました。あなたは忠実に行動されました。しかし、わたしたちはあなたに背いてしまいました。(ネヘミヤ9:33)」


日本においては、先の戦争を語る時に、被害と苦難の歴史ばかりがいわれて、加害の歴史がなおざりにされていると、しばしば指摘されます。

例えば、戦争のメモリアルデーは、8月15日。広島・長崎への原爆という惨禍を経て、戦争が終わった日です。

しかしドイツの場合は、1月27日。アウシュビッツが連合国に解放された日がメモリアルデーとされます。それは、加害の記憶です。民族の恥であり、思い出したくない記憶を、そのようにして保存します。


日本人だけでなく、人類全体として、加害の歴史の想起ということが、今日改めて大切に考えられるべきでありましょう。

なによりも根本的な、「神に対する加害の歴史」ということを、「わたしたちの歴史」として継承することが、必要だと思えてなりません。


共に祈りましょう。

憐れみ深い主よ、わたしたち人類は、あなたに背き、あなたを辱め続けているものです。それにもかかわらず、恵みを注ぎ続け、世界を見捨てないでいてくださるあなたに感謝します。どうか主よ、私たちがあなたの御心を実現し、罪を犯さないようにしてください。富に支配されないように。だれも殺さないでいられるように。
スポンサーサイト



Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2016年2月13日 詩編147:1
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR