FC2ブログ
2016. 03. 24  
キリストの十字架の御苦しみを覚える受難週に、イザヤ書53章の「苦難の僕の歌」を分かち合っています。

53:10「病に苦しむこの人を打ち砕こうと主は望まれ、彼は自らを償いの献げ物とした。彼は、子孫が末永く続くのを見る。主の望まれることは、彼の手によって成し遂げられる。」


ヨハネ福音書においては、十字架の主イエスは、「成し遂げられた」と言い残して絶命されます。

主の死によって成し遂げられたのは、わたしたちのために用意された、父なる神の深遠な救いのご計画でした。

お手元に聖書のある方は、エフェソ1:3-14をご覧になってください。

天地創造の前より定められていたという、神の壮大な救いのドラマに思いを馳せましょう。

「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、ご自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。・・・わたしたちは、この御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。・・・」


共に祈りましょう。

永遠の主よ、あなたのスケールをとらえる言葉を、私は知りません。その大いなるあなたの目に、今日の私のこの小さな存在が、いとおしい者としてとらえられているとは、なんとうれしいことでしょう。

私たちのための救いの計画を成し遂げるために、十字架にかかってくださった主への感謝によって、今日の一日が励まされますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年3月25日 イザヤ53:11
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR