FC2ブログ
2016. 03. 26  
「苦難の僕の歌」も今日で最後です。受難週も今日で終わりです。

イザヤ53:12「それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし、彼は戦利品としておびただしい人を受ける。

彼が自らをなげうち、死んで、罪人のひとりに数えられたからだ。多くの人の過ちを担い、背いた者のために執り成しをしたのは、この人であった。」


「自らをなげうつ」、この動詞は「かめの水をすっからかんにする」という時にも使われています。

そのようにイエス様も、自分の命をすっからかんにするまでに使い切ってしまわれたということです。

それほどに、私たちのために身をささげてくださいました。

私というこの罪深い者が、神の前で「正しい者」とされるために、それほどのイエス様の献身が必要でした。


「キリストの犠牲愛は、新たに献身の物語を作り出す、不思議な力を秘めている」と言った人がいました。

まさにそのように、この「苦難の僕の歌」は私たちを駆り立てて、献身を促さずにはおかない不思議な力を持っていると思います。

明日のイースターというのは、神と隣人とに誠実に仕える「僕」として、私たちが新たに生れる日でもあるかもしれません。


共に祈りましょう。

主よ、私たちのために命を使い果たしてくださったあなたの愛に、ただ感謝をいたします。それほどにしていただいた私という存在の重さを、わたし自身が大切にすることができますように。そして主よ、どうかこの私を、あなたの御用のために用いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年3月30日 Ⅱコリント1:8-11
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR