FC2ブログ
2016. 03. 31  
私たちの希望の源は、主イエスの復活です。

主イエスを復活させた全能の神が、今日も私たちの味方であり、父であってくださいます。

Ⅱコリント4:8-10、14「わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰らず、途方に暮れても失望せず、虐げられても見捨てられず、打倒されても滅ぼされない。わたしたちは、いつもイエスの死を体にまとっています。イエスの命がこの体に現れるために。・・・主イエスを復活させた神が、イエスと共にわたしたちをも復活させ、あなたがたと一緒に御前に立たせてくださると、わたしたちは知っています。」


キリスト者として生きる者は、「イエスの死を体にまとっている」がゆえに、人生に苦難がともないます。

「あなたがたには世で苦難がある」とイエス様は言われました(ヨハネ16:33)。

しかし、その後に続けて、こう言って励ましてくださいました。

「しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」

イエス様は、世の力に蹂躙されて、十字架で殺されたように見えました。しかし彼は、そういう「世の力」を打ち破り、究極の敵である「死」をも打ち破って復活されたのです。

わたしたちは、そのイエス様の命と結ばれています。今日も、しっかりと結ばれています。

そして私たちは、やがて終わりの時に栄光の体によみがえって、神の御前に出るのです。


共に祈りましょう。

愛する神よ。世の力が迫ってきても、死に勝たれた主イエスによりたのむ時に、安らかな喜びが、わたしの内に満ちあふれます。主よ、今日も主イエスの命によって、罪と世と死に勝利させてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年4月1日 ローマ6:1-11
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR