FC2ブログ
2016. 04. 06  
昨日はお休みをしてご心配かけました。お祈りに感謝します。

先の日曜日の説教において、ウエストミンスター信仰告白15:4に記された、私たちにとって大切な原理的確信を分かち合いました。

「永久刑罰に価しないほどに小さな罪がないように、真に悔い改めている者にも永久刑罰をきたらせることができるほど大きな罪はない。」


どんな「小さな罪」でも、神の前で見逃されることはなく、永久刑罰に価します。

心の中で「バカ」と思うことすら、地獄の滅びに通じると、イエス様は教えてくださいました。

ですから、どんな「小さな罪」でも、神の前には取り返しのつかないものです。

でも、その取り返しのつかない罪を、取り返させてくださるのが、主イエスの救いです。

「悔い改める」、すなわち、十字架の主のもとに来る者には、赦しと再生が与えられます。

そしてそれは、どんなに「大きな罪」を犯した者でも同じなのです。

罪の小さい大きいは、私たちの基準によるものであって、神の目には本質的な意味を持ちません。

どの罪も、永久刑罰に価します。でも、どの罪も、十字架の主のもとに来るなら赦されます。

ですから、真に悔い改めている者にも永久刑罰をきたらせることができるほどの大きな罪は、存在しないのです。


この信仰告白の証拠聖句として、イザヤ55:7が指示されています。

「神に逆らう者はその道を離れ、悪を行う者はそのたくらみを捨てよ。主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。わたしたちの神に立ち帰るならば、豊かに赦してくださる。」


共に祈りましょう。

主よ、あなたの目に、数えきれない罪を犯す者ですが、今日も赦されているということの意味を考えています。主よ、今日の日、あなたの御心にしたがって生きることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年4月7日 エフェソ3:14-21
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR