FC2ブログ
2012. 12. 26  
25日は過ぎ、26日になりました。クリスマスのお祭り騒ぎは終わりです。

スーパーマーケットでは関連商品が半額セールになり、そして一気にお正月モードに変わるのです。

今年もそうやって、クリスマスが消費されていきます。

私たちにとっては、25日という日付は本質的にはどうでもいいと、説教で申し上げました。

26日になろうが27日になろうが、御子のご降誕の喜びは少しも変わりません。

すべてを食い散らかしながら、むなしく時を過ごしていく人類は、明らかに愚かです。

でも主は、愚かな私たちの惨状を放っておくことができず、激烈に天を引き裂き、下ってきてくださったのです。

私たち一人一人の失われた魂を、探し求めるために。

「天から遣わしてください。神よ、遣わしてください、慈しみとまことを。(詩篇57:4)」

こんな罪人の祈りに応えて、神の子が下ってきてくださいました。

御子のご降誕は、人類に対する神の慈愛と誠実を証明する出来事です。


共に祈りましょう。

愛する主よ、クリスマスを記念する礼拝や行事を、大きく祝福してくださったことに感謝します。今日よりまた新たな思いをもって、救い主イエス・キリストの誕生を喜び、主を信じ、主に従っていきます。主よ今日も、慈しみとまことをもって、私たちを導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2012年12月27日 Ⅱコリント8:9
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR