FC2ブログ
2016. 04. 14  
昨日は、インターネットの不調で配信できず、すみませんでした。

今朝は、まったく単純に、「神様が共にいてくださるから大丈夫」と確認して、一日を始めましょう。

それは、昨日の朝の祈祷会で、与えられた確信です。祈祷会では、創世記のヨセフ物語を読み進めています。昨日は39章でした。

兄たちの謀略によって、奴隷としてエジプトに連れてこられてしまったヨセフです。

でも、「主がヨセフと共におられたので」、その試練の人生にあってもたくさんの祝福があり、行く先々で重んじられたと強調されます。


また私たちが覚えるべきは、神様がヨセフと共におられたように、ヨセフもまた神様と共に歩んだということです。

人生の困難の中にも意味を見出し、決して投げ出すことなく、神様が与えてくださる一日一日を全力で歩みました。

主人の妻の誘惑にも少しも揺らぐことなく、「神の前で許されていない」と拒みます。

その結果として婦人の怒りを買って、またも苦難にさらされることになりますが、一言も弁明することなく、投獄に甘んじます。まるで、十字架に向かうイエス様のようです・・・。

ヨセフがそのように正しい人だから、神様は彼と共におられたということではありません。

神様が彼と共におられたから、彼もまた、堂々と歩むことができたのです。

主なる神様は、私たちとも共にいてくださいます。


共に祈りましょう。

主よ、今日もあなたが共にいてくださるから、死の陰の谷を行く時も、私は恐れません。今日も試練を覚えておられるお一人一人を、助け導いてください。私たちに今日用意される働きが、出会いが、語らいが、あなたの祝福の中で、すばらしいものとなりますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年4月15日 イザヤ40:6-7
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR