FC2ブログ
2016. 05. 25  

70周年記念信徒大会における「新しい時代に進む改革派教会」という講演の要旨です。10回目です。

******
最後に、多くの弱さや欠けがありながらも、創立以来の70年間、ただ神の憐れみによって支えられてまいりました私たち日本キリスト改革派教会は、これからの日本の教会のためになおも果たすべき役割があるということを申し上げて終わりにしたいと思います。

もし私たちの教会が真の福音に生きる教会であるならば、必ずや真の希望を指し示す教会となると、私は信じているからであります。

私たち改革派教会が、新しく教派を創立させました時に、これは決して「分派」を造ろうとしたのではないのだと、『創立宣言』は、力をこめて主張しております。

そうではなく、むしろ「真の公同性・一致性」を造り出すことこそ、私たちの教会の神髄なんだ、使命なんだと主張しているのであります。

そして、この創立者たちが追い求めたヴィジョンは、今こそ実現すべき時が来ていると、私は思っているのです。(つづく)


*****
改革派教会は、がっちりとした教理の基盤の上に立っているからこそ、あらゆる立場と対話しながら、すべてを建徳的にまとめあげていくことができる、稀有な存在であるはずだと、吉田先生はしばしばおっしゃいます。

それゆえに、謙遜に、すべてのキリスト教会に仕え、教会の「一致」のためにお手伝いさせていただく。そういう視点をもって、孤立主義をとらず、様々なキリスト教会と力を合わせようというのが、吉田先生の年来の主張です。

明日、そのつづきを分かち合います。共に祈りましょう。


主よ、私たちが、「日本キリスト改革派教会」という教派において信仰が与えられたことの意味を、あるいは今この教派との関わりが与えられたことの意味を、さらに深く広く教えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年5月26日 70周年講演 11回目
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR