FC2ブログ
2012. 12. 29  
クリスマスの喜びの中で過ごした今週も今日で終わり。

明日は今年最後の礼拝ですね。そしてこの御言葉メールも、今年はこれが最後となります。

9月からの三か月、皆さんの祈りに支えられて継続することができました。

問題は来年以降ですね。私たちは悲しい生き物ですから、新鮮味を失うと、ありがたみも見失ってしまいます。

イスラエルは荒れ野の40年の旅路において、再三モーセに愚痴をこぼしました。

「エジプトにいた時のごちそうが忘れられない。今はマナばかりでうんざりだ。奴隷生活に戻りたい。」

命のパンである御言葉に飽きるということは、容易に起こりえます。

しかし、今年最後に思い起こしましょう。

私たちは今年、どれほどに御言葉によって生かされてきたことか。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。(マタイ4:4)」



共に祈りましょう。

主よ、今年一年、あなたは時宜にかなった美しい御言葉を、いつも差し出してくださいました。心から感謝します。

振り返れば、御言葉が私たちを癒し、励まし、立ち上がらせてくれました。御言葉が私たちを一つにしてくれました。祈りあう絆に導いてくれました。主よ、命の主よ、あなたの御言葉を、いつまでも私たちに与えてください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年1月1日 創世記1:1-5
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR