FC2ブログ
2016. 06. 30  
昨晩、信仰の友と分かち合った御言葉は、Ⅱコリント12:7からです。

ここでパウロは、自分の身にトゲが与えられたと言っています。それがなんだか、詳しくは分かりませんが、それは彼の「弱さ」となりました。

彼は、それが嫌で嫌で、離れ去らせてくださいと必死で祈りますが、神はそれをかなえてくださいません。

むしろ、このように示されたというのです。

「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」


弱さを抱えるダメな自分、きらいな自分が、強くなって、なりたい自分に変わる・・・私たちはそう願います。願って当然です。

そのように願うことは何も間違いではない。願っていいと思います。その願いがかなえられる時もあります。

でも、今日の御言葉から示される大事なことは、そのように私が願ったとおりに変えられることだけが、神の恵みではないということです。

弱さを抱えるダメな自分、きらいな自分・・・でも、そのあなたが、すでに神の目に100%すばらしいのです。完全なる恵みの器なのです。

そのあなたでなければ、できないことがあるのです。

そのあなたの弱さを通して、神が、特別な強さをあらわされるのです。

聖霊において、あなたの中に生きておられるイエス・キリストが、今日もあなたを用いて御業をなされます。

大丈夫。十字架の主を信じましょう。その偉大な力は、あなたの弱さの中でこそ、十分に発揮されるのです。


共に祈りましょう。

主よ、わたしは弱いときにこそ強い・・この信仰を与えて下さるあなたに感謝します。今日、不安を覚えている者に、人間を恐れている者に、どうか十字架の主の愛と恵みと力がそそがれますように。





スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年7月1日 Ⅰペトロ1:8-9
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR