FC2ブログ
2016. 07. 07  
深く苦悩している方々のことを覚えています。底なし沼にはまっていくような思いを味わっておられるかもしれません。

そんな時は、心ここにあらずで、神様からの語りかけも耳に入ってこないものでしょう。

昔、ある方が教えてくれました。本当に苦しい時は、どのように祈ったらいいかも分からなくなる。そんな時にはただ、「主よ、憐れんでください」としか言えなかった、と。

聖書、特に詩編には、「主よ、憐れんでください」との祈りが、驚くほどたくさんあります。

きっと大昔から、信仰者が味わってきたことは、同じなのです。

詩編57:1-4の言葉で、一緒に祈りましょう。


憐れんでください。
神よ。わたしを憐れんでください。
わたしの魂はあなたを避けどころとし、
災いの過ぎ去るまで、あなたの翼の陰を避けどころとします。

いと高き神を呼びます。
わたしのために何事も成し遂げてくださる神を。

天から遣わしてください
神よ、遣わしてください、慈しみとまことを
わたしを踏みにじる者のあざけりから
わたしを救ってください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年7月8日 詩編57:8-9
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR